スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AC100Vってなんなの??

AC100V(交流100V)とよく言いますが実際のコンセントのAC100Vとはどんな出力なんでしょうか。

DC100Vと言うと
DC100V.jpg
こんな感じで出力が常に100Vですよね。

AC100Vは
AC100V
こんな感じですね。
無駄にこだわって周波数の方も50Hzに設定しましたが…。
1秒で50Hzなんで0.1秒の間だと5波長ですよね。

よく見るとAC100Vのピークが100Vで無いのがわかるでしょうか。
AC100Vの100Vと言うのは電圧の実効値が100Vなんです。

実効値というのは、ACの正弦波を平らにしたときに得られる電圧の高さですね。
AC100Vは平らにすると100Vと-100Vになります。
つまり、AC100Vの100Vというのは実効値ということになります。
AC100Vの実効値
こんな感じですね。


実効値からピークの電圧値を求める場合は、実効値×ルート2
ピークから実効値を求める場合は、    ピーク÷ルート2
で求めることができます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なかのひと        
amazon        
アニソンYoutubeメドレー


presented by アニソン名曲.com

検索フォーム
カウンター
プロフィール

風草

Author:風草
なんだかんだで大学院に進学した人でございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。