スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の問題点

前も少し書きましたが再び経済的な中国の問題点についてです。

富裕層の問題ですが、
一億総中流と言ってた日本でも格差はあったでしょう。
しかし、中国では富裕層との格差が大きすぎると思います。
(ここまでは前回と同じ)

さて、今回は五万元以上稼ぐ人は5%ぐらいの比率でいるそうですが、
中国では0.4%の人が国民所得の70%を所有しているという情報を得ました。

中国の人口は13億4575万1000人らしいんで(wikiより)
53万8300人が超富裕層と言われる人達らしいですね。
中国人バイヤーが無尽蔵にお金がある理由が分かりますね。

では富裕層がどれぐらいお金を持っているかGDPから計算してみましょう。
10年通年の名目GDPは479兆2231億円らしいんで、
70%だと335兆4562億円
先ほどの超富裕層の人口で割ると

お…驚きの
一人当たり6兆2318億円
持ちすぎ…。

では、逆にそれ以外の人の平均は
10万6873円なんですね。

ここによると1元80円に相当する(体感)そうです。

今現在の為替だと1元が12.618798円なので
10万6873円は8469元になります。

ここで、×80倍すると
67万7548円に相当するそうです。

まぁ、1元80円相当という時期と現在の為替の間に時間が空いてるんで一概には言えませんが
10年以上前の一万元あれば豊かですよと習ったときから物価も上がってるでしょうけど
なんとか生活できるのかなぁ。


後で余裕があれば、五万元の富裕層を含めて計算しておきます。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なかのひと        
amazon        
アニソンYoutubeメドレー


presented by アニソン名曲.com

検索フォーム
カウンター
プロフィール

風草

Author:風草
なんだかんだで大学院に進学した人でございます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。